初診相談のご予約・ご相談 初診お申し込み 吉祥寺 電話:042-220-6794 調布 電話:042-485-6674

マウスピース

マウスピース矯正

歯に固定させるワイヤーやブラケットを使わず、取り外しができるマウスピース型の装置で歯を動かす矯正法の総称です。装置のメーカーによって、特徴や適応症、治療の流れが異なります。

メリット

審美性に優れています

透明度が高く、薄いプラスティックでできているので、目立たず、周囲の人に気がつかれにくいのが特徴です。

虫歯や歯周病になるリスクが低

歯磨きや食事の際には取り外せるので、清掃性に優れ、お口のケアを治療前と変わらずに行えます。

違和感が少ない

構造がシンプルなため、装置による口内炎が出来にくく、発音も妨げにくいです。

デメリット

使用時間を自分で管理する必要がある

取り外し可能とはいえ、食事と歯磨き以外の時間はずっと装着していないと治療が進みません。指示通りきちんと使用できる人向きの治療法といえます。

・インビザラインシステムとは

インビザライン矯正

インビザラインは、米国アライン・テクノロジ−社が開発した新しいマウスピース矯正法です。2012年時点で全世界累計210万人がこのシステムで治療しており、その治療実績に基づいて作られた独自のソフトウエアを駆使して治療計画を立てているのが特徴です。

インビザライン治療の流れ

初診相談

まずは、矯正医とのカウンセリングを行います。お口のお悩み、治療の御要望、ライフスタイルなどについてお伺いします。インビザラインのメリット・留意点、他の矯正方法との違いなどを詳しく説明していきます。

精密検査と診断

通常の矯正治療と同じく、精密検査を行います。レントゲンや歯の型取りを行い、現在のかみ合わせと骨格の状態を詳しく分析し、矯正医が治療計画を立案します。インビザラインと併用する補助装置や処置などが必要かどうかも検討します。

装置の為の精密印象

インビザラインでの治療を始めることを決められたら、装置製作の為の精密な型取りをします。

3D画像化・治療計画・装置の製造

1.歯型をアメリカへ空輸

クリニックで行った検査のデータは、米国アライン・テクノロジー社へ送ります。

2.歯の移動を3D動画化

送られた歯型は3Dデータ化して、コンピューター上に再現されます。その後、独自ソフト(クリンチェック)を使い、治療完了までの動きを3D動画で再現します。

3.矯正医のチェック後一括製造

矯正医は、患者様のそれぞれの歯の状態に合わせてシュミレーションの途中経過をチェックし、治療計画と照らし合わせます。修正の指示を加えて承認すると、装置が一括製造されます。

治療開始

装置(アライナー)がクリニックへ届いたら、治療スタートです。装置の取り扱い説明をします。通常は患者様で2週間ごとに新しいアライナーに交換していただき、歯の移動の確認のため、4〜6週間に一度通院していただきます。

Q&A

① マウスピース矯正は、治療範囲が限られるのでは?
マウスピース矯正には、複数の種類があり、装置によって適応症例の範囲は異なります。 また、症例によっては他の装置を併用することで治療範囲や治療効率が上がる場合もあります。
② 他の治療法に比べて、治療期間が長いのでは?
治療期間は患者様の噛み合わせの状況に依ります。マウスピース矯正の方が早い場合もあれば、ブラケットを付ける通常の矯正の方が早い場合もあります。また、マウスピースとブラケットや他の装置を併用し、治療期間を短縮することができる場合もあります。
③ マウスピースを付けていると、話しにくいのでは?
慣れるまでの数日間は舌足らずな発音になる場合があります。しかし、ほとんどの方は初めて装着した日から、日常生活に支障なく会話できると言われています。
④ マウスピース矯正の方が、痛いですか?
一般的に、矯正治療で歯を動かす際には多少の痛みを伴います。痛みの感覚には個人差がありますが、従来のようにブラケットやワイヤーによる矯正に比べ、痛みが少ないと感じる方が多いようです。
④ 虫歯になりやすいですか?
そんなことはありません。歯に装置を固定する矯正装置と異なり、自分で取り外しが可能ですので、食事も歯磨きも治療前と変わらずでき、口腔内を健康に保つことが可能です。