初診相談のご予約・ご相談 初診お申し込み 吉祥寺 電話:042-220-6794 調布 電話:042-485-6674

インプラント矯正とは

インプラント矯正

インプラント矯正とは、歯肉の上から骨に入れた小さな矯正用インプラントを固定源とし、効率的に歯を動かす矯正方法のことです。従来、歯を動かすためには別の歯や、歯ではない部分(たとえば頭部など)を固定源とする必要がありました。しかしながら、固定源とした歯を動かしたくない場合も多く、その歯の固定のためにさらに装置が増え、それでもその性質上、歯を固定しておくことは難しいため、しばしば治療効率の低下を招いていました。骨に直接矯正用インプラントを入れることで、それを動かない固定源として使え、動かしたい歯を効率よく移動させることができるようになりました。

メリット

治療期間を短くできる可能性

インプラント矯正は、歯を動かしたいところへ移動させられる可能性が高く、動かした歯が戻ってしまったり、動かしたくない歯が大きく動く心配が少ないため、矯正治療期間の短縮が期待できます。

抜かない治療の幅が広がる

インプラント矯正を行うことによって、従来よりも歯列に強い力をかけることができます。そのため歯の移動量を増やすことができ、今までは抜歯を行ってきたケースであっても、抜かずに矯正できることが多くなりました。また、矯正治療に外科手術の併用が適応のケースでも、矯正治療のみで対応できる場合があります。

複雑な装置を使わなくて済む

従来の矯正治療では、歯を動かす際に別の歯と引き合いをしなければならず、その歯を固定しておくための別の装置が必要でした。この固定装置には、違和感や協力性、虫歯になりやすいなどのデメリットがありましたが、矯正インプラントを用いることによりこれらの装置の使用は無いか、有っても使用期間をぐっと減らせるようになりました。

虫歯や歯周病のリスクを減らせる

矯正装置の装着により、虫歯や歯周病のリスクが上がりますが、インプラント矯正で少しでも治療期間を減らし、装着する装置をよりシンプルにすることにより、このリスクを減らすことができます。

インプラント埋入の必要がある

インプラント埋入の必要がある

局所麻酔をして、インプラントを埋入する必要があります。治療後の痛みや腫れはほとんど報告されていません。矯正治療が終了した際には、インプラントを撤去します。

インプラントの流れ

矯正装置の装着

まずは通常通り、装置装着し矯正治療をスタートしていきます。

インプラント埋入

治療の流れの中でインプラントを使う時期が近付いたら、いよいよ埋入です。所要時間は、本数によりますが、30~60分ほどです。

① 術前レントゲン撮影、埋入位置の確認。

② お口の消毒。

③ 局所麻酔。

④ 歯肉に位置をマーキング。

⑤ インプラントをドライバーで埋入。(誘導穴をあける場合もあります。)

⑥ お口の消毒。投薬。

⑦ 術後確認のためのレントゲン撮影。

⑧ 注意事項の説明。

インプラント矯正

成人は埋入後すぐから、15〜20歳では3ヶ月ほど期間を置いた後に、インプラントを歯の移動に使います。

インプラント除去

矯正用インプラントを使用する必要がなくなったとき、あるいは矯正治療が終了した際には撤去します。撤去時に痛みはないため、局所麻酔なしで行います。

Q&A

①インプラントを入れた後の痛みが心配です。
痛み止めと化膿止めのお薬を処方しますが、通常ですと術後の痛みや腫れはほとんどなく食事も普通に摂れます。
②子供でもインプラント矯正できますか?
15歳以下では、骨の成長が旺盛なためインプラントが定着しにくいとのデータがあります。そのため15才以下では行っていません。15~20歳前後の若年者では、埋入後3カ月ほど間をおき、安定してから使います。
③すごく前歯が出ているのですが、インプラント矯正で口元は改善できますか?
そのようなケースにこそ、インプラント矯正は本領を発揮します。インプラントを動かない固定源にすることで、前歯をたくさん後ろへ移動させることができ、口元は大きく改善出来ます。
④1本だけ、歯が欠損して後ろの歯が倒れてきているのですが起こせますか?
インプラント矯正は、動かしたい歯のみにアプローチすることが可能です。倒れている歯のみを起こしてその部分に補綴(欠損部を何らかの形で補う治療)を行うことも可能です。