初診相談のご予約・ご相談 初診お申し込み 吉祥寺 電話:042-220-6794 調布 電話:042-485-6674

医師略歴

院長

医師略歴

1974 日本大学歯学部卒
1974〜1982 日本大学小児歯科学教室
1980 歯学博士
1983 調布矯正歯科クリニック
1990 日本矯正歯科学会認定医
1993 日本大学歯学部兼任講師
2003 佐藤賞(日本大学歯学部)
2004 ヘルスサイエンス大学(ラオス)
名誉教授
2004 特活)歯科医学教育国際支援機構 理事
柳澤宗光(院長)

趣味:旅行、ドライブ、スキー、美味しい物食べ歩き、庭いじり。

【ムーシールドのコンセプト】 開発者:柳澤宗光(院長)より

【ムーシールドのコンセプト】 開発者:柳澤宗光(院長)より

受け口は、古くから出来る限り幼少期から治療が必要と考えられていましたが、その負担の大きさや治療効果の点がネックとなっていました。そこで、幼少期の子供が使用できる装置を1983年ころ開発しました。1985年:日本矯正歯科学会で報告したものが、今日広く全世界で使われているムーシールド(世界流通名:YC3 yanagisawa class Ⅲshield)です。
この装置の普及によって、いままでは「萌え換わるまで様子を見ましょう」と言われていた乳歯列反対咬合の治療は3歳児から無理なく行えることになりました。早期に初期治療を行うことで、その後の矯正治療の負担はぐっと少なくなるのです。

メディア

毎日新聞、他全国21紙・医療欄にてムーシールドの紹介
スマステーション・最新医療紹介(テレビ朝日・香取慎吾)

テレビ出演
メディア情報
撮影風景

最近の主な講演活動

1985 機能的顎矯正治療による反対咬合の治療:日本矯正歯科学会(新潟)
1999 日本小児歯科学会・関東地方会・大会・シンポジューム講演(鶴見大学)
2001 日本大学歯学部同窓会・生涯研修セミナー・講演
2003 マハスラスワティー大学・講演(インドネシア・スラワシ)
日本大学歯学部・同窓会・臨床実習セミナー講演
ハサヌディン大学・講演(インドネシア・バリ)
2005 インドネシア歯科医師会・招聘講演(インドネシア・スラワシ)
松本歯科大学・矯正歯科学教室・同門会招聘講演
日本大学歯学部・同窓会・臨床実習セミナー講演
2005 ムーシールドによる反対咬合の早期初期治療:日本歯科医師会:教育ビデオ
2006 日本小児歯科学会・九州地方会・大会・特別講演(鹿児島)
2007 東北矯正歯科学会・大会・市民公開講座講演(盛岡)
東北矯正歯科学会・大会・セミナー講演(盛岡)
2009 著作:「月刊:柳澤宗光 ムーシールドによる反対咬合の早期初期治療」
デンタルダイヤモンド社(2009)
2009 福井県歯科医師会・学術講演(福井)
九州矯正歯科学会・大会・特別講演(佐賀)
2010 日本小児歯科学会・近畿東海地方会・特別講演(岡山)
札幌歯科医師会・学術講演(札幌)
2011 香川県歯科医師会・学術大会・特別講演(高松)
2012 日本矯正歯科学会・大会・シンポジューム講演(盛岡)
2013 日本小児歯科学会・大会・セミナー講演(岐阜)

治療計画 経過の見える化

1999 MEAW研究会・発表 (アメリカ・ハワイ)
2001 AAO:アメリカ矯正歯科学会・発表(カナダ・トロント)
2002 AAO:アメリカ矯正歯科学会・発表(アメリカ・フィラデルフィア)
2007 AAO:アメリカ矯正歯科学会・発表(アメリカ・シアトル)
2008 AAO:アメリカ矯正歯科学会・発表(アメリカ・デンヴァー)
2009 EOS:ヨーロッパ矯正歯科学会・発表(フィンランド・ヘルシンキ)
2010 EOS:ヨーロッパ矯正歯科学会・発表(スロベニア・ポートローザ)

教育活動

2001 日本大学歯学部小児歯科学教室・医局員教育
【2001より現在:日本大学歯学部6年生 小児歯科学・講義 】
2002 ・東京医科歯科大・小児歯科教室同門会・教育講演
・ 成蹊大学工学部 大学院・教育講演
・UCLA:カリフォルニア大学・小児矯正歯科・医局員教育講演(ロスアンジェルス)
2003 ハサヌディン大学・講演(インドネシア・バリ)
2004 ラオス大学・医局員教育(NPO:OISDE・派遣)(ラオス・ヴィエンチャン)
(注)OISDE:特活)歯科医学教育国際支援機構:宮田隆理事長
ラオス大学・医局員教育(ラオス・ヴィエンチャン)
2006 ラオス大学・医局員教育(NPO:OISDE・派遣)(ラオス・ヴィエンチャン)
2007 ラオス大学・医局員教育(NPO:OISDE・派遣)(ラオス・ヴィエンチャン)
ラオス大学・医局員教育(NPO:OISDE・派遣)(ラオス・ヴィエンチャン)

その他の活動

FDI:国際歯科医学会:(日本歯科医師会国際渉外委員)(ストックフォルム)

プロフィール

岡野百子(旧姓:柳澤)

男の子と女の子の二児の母。 幼いころより、歯科医師であった母の診療所を遊び場として育つ。
中1の頃、「病院で死ぬということ(山崎章朗著)」に感銘を受け、ホスピス医を夢見る。矯正学の授業で、歯並びがきれいになる様子に感動し、矯正医を目指すことにしました。 今、私はこの仕事が好きです。これからもどんな笑顔に出会えるか、わくわくします。

医師略歴

日本大学歯学部 卒業
日本大学歯学部大学院 卒業(歯科矯正学専攻)
日本大学歯学部附属歯科病院 歯科矯正科 非常勤医局員

医師略歴

学位 博士(歯学)
日本矯正学会認定医

発表論文 

Momoko Yanagisawa, Naoto Suzuki, Narihiro Mitsui, Yuki Koyama, Kichibee Otsuka, Noriyoshi Shimizu, Compressive force stimulates the expression of osteogenesis-related Transcription factors in ROS 17/2.8 cells. Archives of Oral Biology
Momoko Yanagisawa, Naoto Suzuki, Narihiro Mitsui, Yuki Koyama, Kichibee Otsuka, Noriyoshi Shimizu, Effects of compressive force on the differentiation of pluripotent mesenchymal cells. Life Sciences 81:405-412

学会発表

適度なメカニカルストレスは、未分化間葉細胞の骨芽細胞への分化を促進する(日本矯正歯科学会:2006)
適度なメカニカルストレスは,MAPKカスケードを介し未分化間葉系細胞の骨芽細胞への分化を促進する。(日本矯正歯科学会:2007)
メカニカルストレスは骨関連転写因子の発現を促し骨芽細胞の分化・成熟を促進する(日本矯正歯科学会:2008:学術大会優秀発表賞 受賞)
Compressive force stimulates the expression of osteogenesis-related transcription factor in osteoblastic cells ( IADR : 2008)